下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。
 

 
※申し込み後も、キャンセルできるので安心です。

マツダCX-8と日産エクストレイル、多人数乗りできるSUVで車の購入を考えた時、どちらにしようか迷います。

CX-8は2017年で最も安全な車に選ばれています。一方、エクストレイルは2018年1〜6月、オフロード4WDの部門で販売台数1位を獲得。

大型SUVの中でも人気のあるCX-8とエクストレイルを比較します!

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】VS【日産・エクストレイル】価格で選ぶ

車を比較する際のポイント

CX-8とエクストレイルを比較する前に、車を比較する際のポイントを紹介します。新車が欲しいけど、車種の決め方がわからないという人も参考になると思います。

車を比較する際のポイント
  • 価格
  • 燃費
  • メンテナンス性(維持費・不具合発生頻度・手間)
  • リセールバリュー(買取査定額)
  • デザイン性(ボディカラー・内装・カスタムパーツ)
  • 走行性能(加速性能・乗り心地・ステアリング)
  • 安全性能
  • サイズ(後部座席の座り心地・車中泊のしやすさ)

靴を選ぶときに一番最初に気にしているものは価格?

靴を選ぶ時、いいなと思ったらまず靴についたタグを持って値段を確認してしまいます。

しかし、値段を確認する前に”値段以外の理由”によって、『この靴欲しいな』と思っているはずです。かっこいい、もしくはかわいい靴だと感じたのならデザイン性。雨の日でも使えそうだと感じたなら撥水性能です。

それこそが、あなたが本当に大切にしていることです

同じように車を選ぶ時にも大切にしている理由があります。そこで少し遠回りになりますが、根本的な車の存在理由から考えていきます。

本来、車は今いる場所から別の離れた場所に連れて行ってくれる手段です。他にも電車やバス、自転車など同じ目的を達成する手段はいくつもあります。その中から車という手段を選んだ理由があるはずです

後悔しない車選び

田舎に住むなら、車がないと不便に感じることが多い為、電車やバスよりも車を選ぶ人がほとんどです。しかし、田舎でも地域によって、雪が多く降るなら4WDが必要です。未舗装の道を走ることが多いならSUVのように車高が必要です。

車を使う環境の違いから、自分が必要とする性能、車種がだんだん決まってきます。

車種がだいたい決まってきたら、価格を気にするのが後悔しない車選びです

CX-8とエクストレイルの価格を比較する

しかし、車を比較する際にやはり価格は重要です。まずは、CX-8とエクストレイルの価格を確認していきます。

CX-8のグレード別価格

XD / 2WD 3,196,800
XD / 4WD 3,429,000
XD PROACTIVE / 2WD 3,537,000
XD PROACTIVE / 4WD 3,769,200
XD L Package / 2WD 3,958,200
XD L Package / 4WD 4,190,400

エクストレイルのグレード別価格

20S [2列] / 2WD ガソリン 2,197,800
20X [2列] / 2WD ガソリン 2,548,800
20X [3列] / 2WD ガソリン 2,621,160
20Xi [2列] / 2WD ガソリン 2,803,680
20S HYBRID [2列] / 2WD ハイブリッド 2,589,840
20X HYBRID [2列] / 2WD ハイブリッド 2,892,240
20Xi HYBRID [2列] / 2WD ハイブリッド 3,071,520
モード・プレミア [2列] / 2WD ガソリン 3,093,120
モード・プレミア ハイコントラストインテリア [2列] ガソリン 3,179,520
モード・プレミア [3列] / 2WD ガソリン 3,187,080
モード・プレミア ハイコントラストインテリア [3列] ガソリン 3,273,480
モード・プレミア i [2列] / 2WD ガソリン 3,272,400
モード・プレミア i ハイコントラストインテリア [2列] ガソリン 3,358,800
モード・プレミア HYBRID [2列] / 2WD ハイブリッド 3,437,640
モード・プレミア HYBRID ハイコントラストインテリア [2列] ハイブリッド 3,459,240
モード・プレミア i HYBRID [2列] ハイブリッド 3,616,920
モード・プレミア i HYBRID ハイコントラストインテリア [2列] ハイブリッド 3,638,520

CX-8の売れ筋グレードはXD PROACTIVEです。エクストレイルの売れ筋グレードは20Xです。エンジンは、ハイブリッドよりもガソリンが売れています。ガソリン車の燃費性能の高さが影響しています。

CX-8の価格帯は320~420万円。エクストレイルの価格帯は220~360万円です。CX-8の上位グレードの価格で、エクストレイルの最上位グレードを購入することができます。

支払い総額が100万円違うと、3年ローンなら月々の支払いが2万円近く変わってしまいます。車を買おうとしていると、金額が大きいためついつい忘れがちですが、月の支払いに換算すると現実味が急に増します。

こちらの記事もおすすめ

CX-8の月々のローンの支払いを8,333円安くする方法とは?

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】VS【日産・エクストレイル】大きさと性能で選ぶ

CX-8 VS エクストレイル 大きさを比較する

エクストレイルには5人乗りの2列シートと7人乗りの3列シートが用意されています。
CX-8には3列シートしかないため、ここでは3列シートで比較してみます。

CX-8 エクストレイル[7人乗り]
全長(mm) 4,900 4690
全幅(mm) 1,840 1820
全高(mm) 1,730 1740
室内長(mm) 2,690 2555
室内幅(mm) 1,540 1535
室内高(mm) 1,250 1270
荷室容量(リッター) 572(3列目折りたたみ時) 445(3列目折りたたみ時)

CX-8が長さで大きく上回っています。どちらも、アウトドアを楽しみたい人のニーズに応える車種であることから、荷室容量や車体長は、重要な比較ポイントです。

CX-8 VS エクストレイル 外装を比較する

CX-8のエクステリア

ソウルレッドクリスタルメタリック

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/design/

エクストレイルのエクステリア

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

マツダの『魂動デザイン』の質感の高さがはっきりと見て取れます。特に、シャープなボディーフレームが作る陰影による深みは写真だけみても違いがわかりますね。一方で、エクストレイルはフロントグリルのデザインやライトの形状からタフさと強靭さを与える印象です。

CX-8 VS エクストレイル 内装を比較する

CX-8のインテリア

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/

エクストレイルのインテリア

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

CX-8は全長、ホイールベース、室内長において、エクストレイルだけでなく、他の国内産大型SUVよりも一回り大きいサイズです。その違いが2列目シートと3列目シートの足回りの空間の違いに出ています。2列目シートで足をゆったり伸ばせる空間を確保した上で、3列目シートに170cmの大人が座っても快適であるように設計されています。

一方で、エクストレイルの3列目シートはとりあえずつけてみましたという感じがどうしても拭えないです。

CX-8のディテール

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/

内装の上質さを求めるなら間違いなくCX-8です。国外メーカーの高級車にも引けを取らない空間を、圧倒的な低価格で手にすることができます。

しかし、アウトドアという点で比較をすると内装がラグジュアリーである分、どうしても泥汚れを気にしてしまいそうです。キャンプや海にいくと子供はもちろん、大人であっても、外で遊べば汗をかいたり、泥や砂で洋服や靴を汚してしまいます。

そんな時は、シートの撥水性も高いエクストレイルの方が、気兼ねすることなう乗り込むことができそうです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

CX-8の内装でオススメの色は〇〇!内装改造についてお紹介

CX-8 VS エクストレイル 走行性能で比較する

走行性能を比較する上で大きな焦点になるのはエンジンの違いです。現在、CX-8にはディーゼルしかありません。(2018年中にガソリン車が導入される予定です。)

そのため、ディーゼルとガソリン、ハイブリッドのメリットとデメリットが影響します。ここでは、街中、郊外、高速においてざっくりと比較します。

街中での走行性能
CX-8有利・・低回転高トルクが売りのディーゼルエンジンの本領発揮です。加速に余裕を感じることができます。
エクストレイル有利・・日常のメンテナンスに手間がかかったり、ちょい乗りだけに向かないディーゼルに比べて、ガソリン車とハイブリッド車は余計な手間いらずで維持費も多くかかりません。

郊外での走行性能
CX-8有利・・CX-8の静寂性、カーブでの乗り心地は高級車として知られるメルセデスに引けを取りません。国内のSUVでは群を抜いています。
エクストレイル有利・・本格的な悪路走行においては、最小回転半径が小さいこともありエクストレイルが若干有利です。

高速での走行性能
法定速度内での運転という実用性からすればどちらも十分な走行安定性を持っています。エンジンの回転数からくるスポーティーな走りで考えるならガソリン車やハイブリット車のあるエクストレイルが有利と言えます。

CX-8 VS エクストレイル カスタムパーツの種類の多さで比較する

CX-8もエクストレイルも運転する楽しさを追求したSUVです。そのため、自分だけのカスタムを楽しみたいですよね。そこで気になるのが、カスタムパーツの種類です。

ここでは歴史の長いエクストレイルに大きなメリットがあります。

CX-8 フォレスター
楽天 1,266件 34,496件
Yahoo!ショッピング 469件 1,964件
スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】VS【日産・エクストレイル】維持費と燃費で選ぶ

CX-8 VS エクストレイル 燃費性能で比較する

CX-8 17.0~17.6
エクストレイル / ガソリン 16.4
エクストレイル / ハイブリッド 20.8

燃費性能では、エクストレイルのハイブリッドが最もよい数値になっています。注目すべき点は、エクストレイルのガソリン車であっても、CX-8の燃費性能と変わらない数値であることです。燃費性能で評価が高いCX-8のディーゼルエンジンに迫る数字であることは特筆すべきことです。

年間走行距離を10,000km。レギュラーガソリン146円/L。軽油125円/Lとして計算してみます。

CX-8
(10,000km ÷ 17km/L) × 125円/L = 73,529円/年

エクストレイル[ガソリン]
(10,000km ÷ 16.4km/L) × 146円/L = 89,024円/年

エクストレイル[ハイブリッド]
(10,000km ÷ 20.8km/L) × 146円/L = 70,192円/年

CX-8のディーゼルエンジンにかかる初期投資、DPF再生に伴う燃費悪化や定期的なエンジンオイル、フィルター交換などメンテナンスの手間を考えても燃費で考えるならエクストレイルです。

CX-8 VS エクストレイル 安全性能で比較する

安全性能に関してはCX-8が有利です。その理由は、2017年度の衝突安全性能、予防安全性能において日本一の評価を得ているからです。

CX-8の安全技術
・サポカーS(ワイド)・・・自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱防止機能、先進ライト
・I-ACTIVSENSE・・・サポカーSの機能を支える先進安全技術

エクストレイルの安全技術
・インテリジェントモビリティ・・・自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱防止機能、先進ライト

どのメーカーでも先進安全技術の開発には力を入れています。そのため、どの車種にも必要な安全性能が装備されている場合が多いです。

※紹介した安全技術は一例です。詳しくはユーザーマニュアルやディーラーで確認してください。

CX-8 VS エクストレイル リセールバリューで比較する

CX-8は発売されてまだ1年未満ということで性格なリセールバリューを予測することは困難です。そこで、CX-5のリセールバリューとエクストレイルの旧式のリセールバリューを参考に紹介します。

CX-5は2012〜2013年のカーオブザイヤーに選出されたことからも高い人気を誇っています。かつては”マツダ地獄”とよばれる不名誉な呼ばれ方をされていたマツダ車ですが、リセールバリューでも大きく値段を上げています。

引用:https://clicccar.com/2014/12/24/282505/

CX-5の3年後の残価率(新車購入時と買取価格との割合)は6割を超えます。この数字は同じSUVで人気が高いトヨタのはリアーに並ぶ数字です。

CX-8は販売台数ではCX-5に劣りますが、従来のミニバンユーザーに対する人気は絶大です。リセールバリューでもCX-5同様高い値段を維持できる見込みがあります。

一方、エクストレイルの3年後の残価率は6割未満。こちらもリセールバリューにおいて安心できます。

リセールバリューは、売却時のメーカーや車種の人気具合、車の事故履歴、走行距離によって変わります。ただ、CX-8とエクストレイルどちらを選んでも車種による残価率の低下は心配することはありません。

CX-8とエクストレイルを比較してみましたが、最初に述べた通り最終的に決めるのはどちらが自分にとって必要なことを満たしてくれるかどうかです。

CX-8の支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、CX-8が欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにCX-8は新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『CX-8の購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はXD L Packageを選びたい』
『360°ビュー・モニター、
Boseサウンドシステム、
他にもオプションをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

スポンサードリンク
こちらの記事も人気!-Recommend-