下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。

マツダCX-8は、CX-5と比較されることが多いです。

CX-8とCX-5の大きな違いは3列シートがあるかないかです。頻繁に5人以上で乗ることが多いならCX-8がおススメです。

しかし、ただそれだけで決めていいのか?という思いもありますよね。
そこで、CX-8とCX-5を、価格、大きさ、燃費などの面から徹底比較します!

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】VS【マツダ・CX-5】価格で選ぶ

車を選ぶ基準を知る

まず、CX-8とCX-5を比較する前に、車を選ぶときに判断基準にするといい項目を紹介します。車種は決めていないけれど、新車が欲しいという人も参考になると思います。

車を選ぶ判断基準になる項目
  • 価格
  • 燃費
  • メンテナンス性(維持費・不具合発生頻度・手間)
  • リセールバリュー(買取査定額)
  • デザイン性(ボディカラー・内装・カスタムパーツ)
  • 走行性能(加速性能・乗り心地・ステアリング)
  • 安全性能
  • サイズ(後部座席の座り心地・車中泊のしやすさ)

車を選ぶときに最初に気にするのは本当に価格なのか?

車を買うときに”一番気にする項目は価格だ”という人がほとんどだと思います。車でなく服を選ぶときでさえ、いいなと思ったら服についたタグを持って値段を確認してしまいます。

しかし、値段を確認する前に”何らかの判断基準によって、この服いいな”と思っているはずです。かっこいい、もしくはかわいい服だと感じたのならデザイン性。暖かそうだと感じたなら防寒性能です。

それこそが、あなたが本当に大切にしていることです

車にしてもそうです。少し遠回りかもしれませんが根本的な車の存在理由から考えていきます。

本来、車は今いる場所から別の離れた場所に連れて行ってくれる手段です。他にも電車やバス、自転車など同じ目的を達成する手段はいくつもあります。その中から車という手段を選んだ理由があるはずです

失敗しない車選びの基準

都会に住むなら、電車の方が便利な場面が多いですが、電車が走っていない場所に行きたい時や、終電が終わった時間に移動したい時には車の方が便利です。そして、都会は慢性的な交通渋滞があったり、道路の舗装がしっかりとしてあるため、走行性能はそれ程重要ではありません。

そういった環境の違いから、自然と必要な車の性能、つまり車種が見えてきます。

車種がなんとなく決まってきた時点で、予算から車の価格を気にするのが失敗しない車選びの基準です

最終的に決め手になるのが価格であっても、最も重要視するべきは価格ではありません。価格だけで車を選んでしまうと買った後で後悔する可能性が高いです。

CX-8とCX-5の価格を比較する

とはいえ、車選びにおいて価格が重要であることに変わりはありません。まずは、CX-8とフォレスターの価格を確認していきます。

CX-8のグレード別価格表

XD / 2WD 3,196,800
XD / 4WD 3,429,000
XD PROACTIVE / 2WD 3,537,000
XD PROACTIVE / 4WD 3,769,200
XD L Package / 2WD 3,958,200
XD L Package / 4WD 4,190,400

CX-5のグレード別価格表

20S / ガソリン / 2WD 2,494,800
20S PROACTIVE / ガソリン / 2WD 2,689,200
25S / ガソリン / 4WD 2,721,600
25S PROACTIVE / ガソリン / 4WD 2,916,000
25S L Package / ガソリン / 2WD 2,986,200
25S L Package / ガソリン / 4WD 3,213,000
XD / ディーゼル / 2WD 2,808,000
XD / ディーゼル / 4WD 3,034,800
XD PROACTIVE / ディーゼル / 2WD 3,002,400
XD PROACTIVE / ディーゼル / 4WD 3,229,200
XD L Package / ディーゼル / 2WD 3,299,400
XD L Package / ディーゼル / 4WD 3,526,200

CX-8とCX-5の売れ筋グレードは、どちらもXD PROACTIVEです。
CXシリーズを購入するならまずは、ディーゼルエンジンを選択したいと考える人がほとんどなようです。
CX-5はガソリンとディーゼルを選択できますが、ガソリン車を選択するのは全体の1割いるかいないかのようです。

これはCXシリーズに、オーナーが求めるものが、

上質SUV > 燃費性能 > 運転する楽しさ であることが推測できます。

CX-8とCX-5を同じグレードのPROACTIVEで比べた時、およそ50万円の差がありますが、この差を3列シートが埋めるかどうかが比較のポイントになります。

同じ予算、350万円でCX-5なら最上位グレードを購入することができるため、3列シートを必要としないなら、CX-5のXD L Packageを購入した方がよさそうです。

ちなみに、CX-8の最上位グレードXD L Packageの内装は、CX-5のL Packageよりも豪華です。最大の違いは、シートに高級車に使われるナッパレザーが使われていること、インパネまわりに本物の木が使われていることです。

CX-8のL Packageに使われているナッパレザーシートとインパネ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/

CX-5のL Packageの内装

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/

CXシリーズは他のメーカーと比較しても十分に対抗できる上質な車です。購入を考えるオーナーは、内装においてもラグジュアリーな空間を求めているはずです。となれば、現時点で最もラグジュアリーを実現しているCX-8のL Packageを購入するのもいいのではと思います。

CX-8の内装のオススメは〇〇!内装改造する方法は?

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】VS【マツダ・CX-5】大きさで選ぶ

まずは、CX-8とCX-5の外寸、内寸、荷室容量を比較してみます。

CX-8 CX-5
全長(mm) 4,900 4,545
全幅(mm) 1,840 1,840
全高(mm) 1,730 1,690
室内長(mm) 2,690 1,890
室内幅(mm) 1,540 1,540
室内高(mm) 1,250 1265
荷室容量(リッター) 572(3列目折りたたみ時) 505(2列目折りたたみ時)

当然ながら、CX-8の方が一回り大きくなっています。

大きさで選ぶとき、重要なポイントは先ほど述べましたが、”3列目シートまで頻繁に使うことがあるかどうか”です。

さらに言うと、”頻繁に”というのも重要なキーワードです。
仮に、5人家族や、両親と住む家族の場合、頻繁に3列目シートまで使うことになると思います。
そうなると、CX-8ではなく、他のミニバンも考慮にいれる必要が出てきます。

マツダは、3列目シートでも慎重170cmの人までならゆったり座れる設計にしてあるとしています。

確かに、購入者の口コミや試乗した人のレビューを見ても実際そうなのですが、3列目シートまで快適に座れると言っても、やはりSUVとしての限界もあり、長時間の移動は厳しくなります。

本題からそれたので、話を戻します。
週末買い物で出かけることが多い家族は、CX-8を選択するのがよいはずです。

では、その他に、CX-8を選ぶ要素は何かというと、車中泊をする機会があるかどうか。
または、釣りやキャンプなどアウトドアを趣味にしている場合は、CX-8の方が合っているといえます。

CX-8のシートアレンジ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/

オプションのベッドクッション

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/

 

6人乗りの場合、セカンドシートの間に隙間ができてしまうため、フルフラットになりません。そこでオプションのベッドクッションを敷く必要がありますが、これを使うと上の写真のように、かなり広いスペースを作ることができます。

自宅から遠くへ釣りに行くとき、朝の釣れる時間帯”朝まづめ”に間に合うように前日から泊りがけで行くとき、近くのホテルをとるよりも、車中泊ができれば費用も安く済ませることができますよね。その分、釣り用具に費用を使うことができます。

また、今キャンピングカーを自宅に留めて、あえてその中で寝泊まりする、手軽なアウトドアライフを楽しむ人もいるようです。

キャンピングカーとなると設備を充実させようとすれば値段も1000万をこえるものがざらです。

CX-8ならその半分以下の値段で、快適に車中泊を楽しむことができます。

ただ、自宅の近くとはいえ、車中泊をするときは防犯対策をしっかりとし、エンジン音など騒音による近所迷惑に気をつける必要があります。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】VS【マツダ・CX-5】燃費で選ぶ

CX-8とCX-5の燃費

CX-8 17.0~17.6
CX-5 / ディーゼル 19.0
CX-5 / ガソリン 14.8~16.0

燃費を比べると、車体の重さによる違いにより同じSKYACTIV-D2.2を搭載しているにも関わらず、CX-5の方がディーゼル車では燃費がいいです。

しかし、車両重量は200kg近く違う上で、この差はCX-8が車体の割に燃費がよいとも言えます。

マツダのCX-8とCX-5は、よくあまりにも似ていると評価されています。
実際、エクステリアだけ見ると、オーナーでさえ両者の違いを見分けるのは難しいです。
具体的には、フロントグリルの違いが挙げられます。
CX-5はメッシュ状のフロントグリルでどこか力強い印象があります。
一方でCX-8はバー状のフロントグリルであり、柔らかい印象があります。
これは、同じ上質なSUVであっても、走る喜びが細部に宿るCX-5と、
走りをあきらめないながらも、ゆったりと安定した走行を実現しているCX-8、それぞれの特徴が表れています。

比較ポイントをまとめると、

力強い走りを楽しみながらも、燃費を気にするならCX-5

安定してゆったりとした走りを楽しみながら、3列目シートまで必要ならCX-8

CXシリーズでどれにするか迷っている方の参考に少しでもなればと思います。

CX-8の支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、CX-8が欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにCX-8は新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『CX-8の購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はXD L Packageを選びたい』
『360°ビュー・モニター、
Boseサウンドシステム、
他にもオプションをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

スポンサードリンク
こちらの記事も人気!-Recommend-