下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。

マツダCX-8の下取り価格はどのようにして決められるのでしょうか?

リセールバリュー(中古買取価格)が影響していることを想像しますが、実際には下取り価格はリセールバリューの影響をほとんど受けません。

リセールバリューと下取り価格の関係を知り、数年後の価値を予想することができれば、総費用が安くなりますよ!

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】下取り価格の決め方

CX-8の下取り価格はどのように決められているのでしょうか?

そもそも下取りってなに?
販売店で新しい車を買うときに、今まで乗っていた車を販売店に売却することで得たお金を、新しい車の購入金額から、差し引いてもらうことです。

下取りに出すことができるのは新しい車を購入する販売店だけです。そして、下取り価格が高いほど、新しい車の購入価格は安くなります。

下取りと買取はどう違うの?
買取はガリバーなどの買取業社に売却することでお金を受け取ることができます。得たお金で中古車を買ったり、新車の購入費用として使ったり、用途は自由です。
下取りは、新しい車を購入する販売店で売却して、得たお金は新しい車の購入にしか使うことができません。

では、下取りの意味を確認したところで、下取り価格の決め方を見ていきます。

下取り価格の決め方
下取り価格 = 基本価格 +[年式、グレード、走行距離、色、キズ、修理歴]
基本価格 = イエローブックで規定

どのメーカーの販売店も一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)に加盟していて、基本価格はJAAIが発行するイエローブックによって規定されています。

販売店は下取り価格に大きな違いがでないように年式が5年以下の下取り査定ではこのイエローブックを使います。しかし、年式が5年以上になると販売店独自の査定マニュアルを使います。

理由は、新しい車に買い換えてもらうために、下取り査定額が低くなるようにするためです。

具体的には、年式と走行距離に相当厳しくなっています。例え車の状態がどんなによくても、年式が10年を超えたり、走行距離が10万kmを超えると問答無用で下取り価格は0円です。

※すべての販売店がそうというわけではありません。

下取り価格にオプションはほとんど加点されない

下取り価格の決め方にオプションが含まれていないことに気づきましたか?実は、どんなにいいカーナビやエアロパーツを装備していても、下取り価格にはほとんど影響しません。

最先端のカーナビや高額のエアロパーツが装備してある10年式のデミオと通常装備の10年式のデミオはどちらも下取り価格は0円に近い金額になります。

下取り価格にリセールバリュー(中古買取価格)は影響しない

下取り価格を決めるのに、リセールバリューはほとんど影響しません。

基本的には中古買取価格も、JAAIが決めた買取査定の基準をもとにしているため、下取り価格と査定の仕方は同じです。

しかし、販売店は新車を売ることが専門なので、中古市場で人気が出ていたり、高価なオプションが装備されていても、それを現金化する手段を持っていないのが理由です。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】リセールバリューが高くなる条件

リセールバリュー(中古買取価格)は、どのように決まっているのでしょうか?

リセールバリューの決め方

基準になるもの

  • 車種、グレード、年式

内的要因

  • 走行距離
  • 修理歴、キズ、エンジンの状態
  • 色(ボディカラー)
  • オプションやカスタムパーツ
  • 書類関係
外的要因
  • 車種、グレードの人気度
  • 希少価値があるか
  • モデルチェンジの時期
  • 海外需要があるか

内的要因とは、使用状況など自分が影響を与えることができること。外的要因は市場やメーカーの状況が影響するため、個人ではなかなか変えることができません。

リセールバリューを高く維持するためには

上記で述べた要因で、リセールバリューが落ちないような選択をすることが大切です。

人気があり、長い期間売れ続けている車種やグレードを選ぶ

人気がある車は、市場にたくさん流通しているため、中古市場においても人気があります。中古市場の相場がわかるようなら、長年高値で買取されている車種やグレードを選ぶことが効果的です。

CX-8のように発売されて間もないため、買取価格の相場がわからない場合は、同じメーカーの似たような車種を参考にするといいです。CX-8であればCX-5が参考になります。

CX-5(3年落ち)リセールバリュー
買取参考価格(カーオクサポート):144〜160万円(残価率59〜62%

人気のあるボディカラーを選ぶ

どのような車種においても、”白”と”黒”は人気があります。逆に、”緑”、”黄色”、”紫”といった奇抜な色は値落ちしてしまう可能性が高いです。

また、メーカーや車種を代表する色もリセールバリューが高くなります。
マツダなら”赤”、スバルのスポーツカーなら”青”、クラウンは”白”、ベンツなら”シルバー”が人気です。

高価なオプションやカスタムパーツが装備されている

当然リセールバリューのために購入しても効果はほとんどありません。必要なオプションと、好みのカスタムを楽しんだ結果、多少の付加価値がつけば十分ですよね。

走行距離で売却する時期を決める

中古車市場では、年間走行距離は7,000km〜10,000kmとされています。そのため、年間12,000kmを超える乗り方をすると、買取査定でも減点される可能性が高まります。

どうしても長距離走行をする必要がある場合は、走行距離がかさむ前に車を乗り換える方法もあります。

車検で売却する時期を決める

次の車検までの期間が長いと査定がよくなることがあります。最近は車検がついたメーカーのメンテナンスパックを利用することが多いので、車検に必要な費用はローンに含まれています。

この場合、乗り換えのタイミングは車検後がいいでしょう。

モデルチェンジ前に売却する

これまで、車は4年でフルモデルチェンジ、その間に2〜3回のマイナーチェンジがあるのが一般的でした。人は新しいものが好きなので、モデルチェンジがあると、旧型のモデルは値落ちします。

最近は年次改良として毎年のように新型が発表されるため、リセールバリューはある程度安定するようになりました。それでも、外観が大きく変わったり、走行性能が大幅に改良されると、旧型モデルのリセールバリューは下がります。

キズや修理歴を付けないように気をつける

修復歴は、ルーフやダッシュパネルといった車の骨格の部分を修理した時につきます。意外ですが、ドアやバンパーが凹んで交換しても修復歴には残りません。

修復歴がある車はリセールバリューが2〜3割下がるとされています。故意にキズをつけたりする人はいないですが、車を安全に運転することはリセールバリューの面でも大切です。

希少価値がある車種を選ぶ

生産台数が少ないのに人気がある車種は供給よりも需要が多いため、リセールバリューも高くなります。高級車や、限定車種に現れる現象のため、あまり一般的ではないかもしれません。

海外需要がある車種を選ぶ

中古車の多くは、海外に輸出されます。日本車は海外での人気が高いため、国外メーカーに比べてリセールバリューが高くなります。

また、海外では走行距離をあまり気にしないので、100,000kmを超えた車でも車種によっては、リセールバリューが高いです。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】3年後のリセールバリューは安心できる!その根拠とは?

CX-8を買って、最初に乗り換えるタイミングになるのは3年後の車検です。車検付きのメンテナンスパックを付けていないと、車検を受けるか、乗り換えるか考えることになりそうです。

その際に、気になるのがリセールバリューですが、CX-8は安心して大丈夫です!

マツダは中古買取市場での買取価格の維持に取り組んでいる

CX-8に限らず、マツダは販売店で用意している残価設定ローンにおいて、3年後の残価率55%を保証しています。

つまり、例え中古買取市場でCX-8の価値が下がっても、CX-8を320万円で購入したら、3年後だと176万円で買取ることを保証しています。

販売店は買い取った車をもう一度中古市場で売却するため、このときCX-8の価値が大幅に下がっているとメーカーも販売店も大赤字です。

そうならないように、マツダは流通している車の価値(=リセールバリュー)を維持できるように努力しています。

具体的な施策として、

  • メンテナンスパックを推奨
  • マイナーチェンジ(商品改良)を短期間する
  • 車種を少数精鋭にする

海外市場でも人気がある

マツダは海外でも積極的に営業活動をしている国内メーカーの一つです。先述したように、国外で人気のある車種は再販経路を確立しやすいため、リセールバリューも下がりにくいことが予想できます。

最新の2018年7月のグローバル生産台数:105,119台
国内販売台数:15,516台
海外販売台数:52,621台
参考:マツダニュースリリース

次世代型エンジン『SKYACTIV-X』の導入がどう影響するか

2019年、マツダは次世型代エンジン『SKYACTIV-X』の導入することを既に発表しています。どの車種に導入されるのかはまだ確定情報はありませんが、アクセラに導入されることが濃厚です。

その後、稼ぎ頭であるCXシリーズにも『SKYACTIV-X』が導入されることは間違いありません。この大きなモデルチェンジが買取市場にも影響を及ぼす可能性は高いです。

マツダが3年後の残価率を保証している以上、リセールバリューの大幅な下落につながるようなことは避けたいはずです。しかし、導入による売り上げも欲しい。

マツダがどういった営業戦略をとるのか注目です。

リセールバリューを考えてCX-8を選ぶなら

グレード
XD PROACTIVE
CX-8で、販売比率が最も高いグレードはXD PROACTIVEです。次いで、最上位グレードのXD L Package。最も人気がないグレードがXDとなっています。ただ、XD L PackageとXD PROACTIVEの販売比率はほとんど変わりません。リセールバリューにおいても、大きな差はないことが予想できます。

色(ボディカラー)

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • マシーングレープレミアムメタリック
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ジェットブラックマイカ

オプション

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS) &マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]
  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー
  • パワーリフトゲート
  • Boseサウンドシステム(AUDIOPILOTTM2+Centerpoint®2)+10スピーカー

CX-8の買取価格について紹介してきましたが、グレードや色選びの参考になったでしょうか?

まだ買ってもいない車の買取価格のことを考えることは、随分と気が早いと思うかもしれませんが、いざ乗り換えの時になると「よかった」と思える日がきます。

車の購入には大きなお金が必要なので、購入時から支払い総額を考えることが大切です。

こちらもおすすめ!

今乗っている、あなたの愛車を50万円高く売る方法とは?

CX-8の支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、CX-8が欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにCX-8は新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『CX-8の購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はXD L Packageを選びたい』
『360°ビュー・モニター、
Boseサウンドシステム、
他にもオプションをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

スポンサードリンク
こちらの記事も人気!-Recommend-