下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。

マツダCX-8で車中泊に純正アクセサリーのベッドマットは必要なのでしょうか?

2列目シートがキャプテンシートで、中央にスペースがある6人乗りの場合、後部座席にフルフラットスペースを作ることができるのか気になります。

車中泊は楽しむことだけでなく安全にも気をつけることが大切です。安全な場所や便利なグッズをご紹介します。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】オプションのベッドマットの必要性

CX-8には純正のベッドマットがあります。しかし、価格が79,920円(2枚セット)と決して安くありません。そもそも、CX-8にベッドマットが必要なのか?必要な場合、純正にこだわるべきなのでしょうか?

まず、CX-8でフルフラットスペースが作れるかについて確認します。

CX-8でフルフラットスペースは作ることができるか知る

CX-8には、6人乗りと7人乗りから選ぶことができます。7人乗りの場合、2列目シートはベンチシート仕様です。XD L Packageには最初、7人乗りの設定がありませんでしたが、今年6月に追加されました。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

上の図は、XD PROACTIVEのベンチシートです。このシートと3列目シートを完全に倒すことで、フルフラットスペースを作ることができます。

そして、気になるのが6人乗りのキャプテンシート仕様の場合ですよね。結論から言うと、6人乗りでもある程度のフラットスペースを作ることができます。なぜ”ある程度”なのか順に説明していきます。

XD L Packageの場合、2列目シートのキャプテンシートの間にセンターコンソールボックスがあります。XDとXD PROACTIVEの場合は、ウォークスルーできるようになっています。しかし、どちらもシートを倒すことで後部座席全体の高さは統一されます。

XD PROACTIVEの6人乗りの後部座席

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

XD L Packageの6人乗りの後部座席

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

センターコンソールボックスがあると、多少の突起になり、無いとすっぽりと空間が空いてしまいます。これでは単純に薄手のシートを引いただけでは凹凸を無くすことは難しそうです。快適に車中泊をするために、寝心地はとても重要です。

CX-8で車中泊を快適にする場合、6人乗りの場合は必ず厚手のマットが必要と言えます。

7人乗りの場合も2列目と3列目の隙間はあります。快適に車中泊するためには、マットがあった方がよさそうです。

CX-8の車中泊に純正ベッドマットは必要か?

CX-8には、アクセサリーに純正のベッドクッションが用意されています。

ベッドクッション
2枚(両側):79,920円
1枚(片側):39,960円

CX-8の純正ベッドマット

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

まず、最初にお伝えしなければいけないのは、このベッドクッションはベンチシートに対応しているということです。つまり7人乗りでないと効果を最大限発揮しないということです。

6人乗りの場合も室内幅に違いはないので、シートを全て倒し、上からベッドクッションを無理やりひけば、ある程度のフラットスペースを作ることができます。

あとは、両サイドにできる隙間や、中央の凹凸を我慢できるかがポイントになりそうです。

CX-8の車中泊で純正以外のマットは使うことができるのか?

CX-8の純正ベッドクッションは価格が少し高めです。他のメーカーのもので代用することをおすすめします。

オススメのマットは、オンリースタイル製のワイドマットです。車中泊専門のメーカーなので、とても質が高いので、CX-8の純正マットと比べても、遜色ないかそれ以上の寝心地を体験できます。

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/only-style/b-902.html

使わないときは、きちんとCX-8から降ろしておくようにしておけば、車内が狭くなるということも、燃費が悪くなるということもありません。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】荷室容量はどれくらい?

CX-8の荷室容量は、大型SUVの中でも大きい部類に入ります。

荷室内寸法
荷室長
通常時の荷室長:500mm
3列目シートを倒した時の荷室長:1,350mm
2列目シートまで倒した時の荷室長:2,320mm
荷室幅
通常時の荷室幅:1,480mm
タイヤハウス間の荷室幅:1,000mm
サブトランク
深さ:307mm
内床奥行き:390mm
容量
ラゲッジルーム容量:229L
ラゲッジルーム容量(3列目シートを倒した時):572L
9インチゴルフバック積載:2〜4個

CX-8は車中泊だけでなく、釣りやゴルフ、キャンプにおける、様々なカーライフに適応できるように設計されています。遠出するとなると、荷室が狭いと乗員分の荷物だけで満杯になってしまいます。

行きは慎重に積みますが、帰りの車内がぎゅうぎゅうになることもありますよね。CX-8の室内空間の広さなら、そういった心配はありません。

また、タイヤハウス間の幅が1,000mmなので、先ほどご紹介したオンリースタイル製のワイドマットがぴったりとはまります。几帳面な性格の人にとっては、このフィット感はたまりません。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】車中泊に必要なものを揃えよう。

CX-8には、アクティブなカーライフのために便利なアクセサリーがいくつか用意されています。

サイドタープ
価格:24,840円

http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

サイドタープの取り付けは、CX-8のルーフに吸盤でくっつけます。サイドタープの説明書にも記載されていますが、雨天や風が強い日に使うことはできません。取り付けが外れてしまうと予期せぬ事故につながってしまいます。

サイドタープのメリットは、何と言っても設置の手軽さです。

日差しが強い日に、山に日帰りで出かけた時も、手早く設置して日陰を作ることができます。組み立て式のテーブルをおいて、簡単な食事をしたり、クーラーボックスを日差しから守るためにも便利に使えます。

デメリットというわけではないですが、構造上、強風や強い雨に対しては、耐性がありません。雨や風が強くなったり、急なにわか雨の場合は、車内に入るか、近くの屋根のある場所に避難しましょう。

サンシェード(フロント)9,720円
ウインドシェード(サイド・リア)43,200円

http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

寝る時に意外と困るのが街灯や月明かりといった光の差し込みです。純正のサンシェードを使えば隙間なく光の差し込みを防ぐことができ、快眠することができます。

ホームセンターなどで代用品を探して、自分でカスタムするのも楽しいかもしれませんね。キャンプでは、用意されたものをそのまま使うよりも、自分で選んだものをいかに駆使して快適な空間に仕上げるかも楽しみの一つです。

USB充電式扇風機1,880円

引用:https://item.rakuten.co.jp/kouseisyouten/fs0wn0-1/

夏の車中泊で対策しないといけないことは

  • 暑さ
  • 熱中症

です。

暑さ対策で役に立つのが扇風機です。寝ている間、ずっと車のエンジンをかけ続けるわけにはいかないので、夏の車中泊の必須アイテムです。

USB接続で充電できるタイプの扇風機だと、CX-8のUSB接続端子にさして充電することができるので便利です。扇風機を選ぶ上では、風量と静音性能にも気をつけましょう。せっかく買ったのに、電池切れで動かなかったり、うるさくて眠れないとかだとげんなりします。

【マツダ・CX-8】車中泊は安全を確保して楽しもう!

CX-8に限らず、すべての車位置いて車中泊をする時には以下の点に注意する必要があります。

・車内の温度、暑さと寒さ対策

夏は、熱中症にならないよう紹介した扇風機を使用したり、こまめに水分を補給できるようにクーラーボックスを助手席においておくなど工夫しておくことが必要です。

ただし、暑いからといって窓を開けたまま寝ることはやめましょう。車中泊は必ずしも安全であるとは言えず、むしろ危険が多く潜んでいます。

・安全面・防犯対策

車上荒らしや強盗に気をつけることはとても重要です。オートキャンプ場など、周りにある程度人気がある場所で車中泊をするなら問題になることはないかもしれませんが、釣りに行く時であれば、まわりは何もない駐車場ですることが多くなるはずです。

一般的に安全と言われる場所

  • オートキャンプ場
  • 高速道路のSA・PA
  • 道の駅
  • コンビニ

コンビニに止めるのは、緊急時のみにしましょう。どうしても止める必要があるときは、お店に事情を話しておくと安心です。

また、エンジンをかけっぱなしにするのは、一酸化炭素中毒の危険があるので絶対にやめましょう。一酸化炭素中毒は、雪や何かしらの異物がマフラーを塞ぐことで、排気ガスが逆流することで起こります。原因を知っているだけで、対策できることもありますよね。

車中泊は、工夫次第でとても快適にすることができます。実際に、1年のうち半分以上の日数を車中泊で過ごす人もいるほどです。しかし、安全面でしっかりと気をつけて対策をしておかないと、楽しいキャンプや釣りも一転して、辛い思い出になってしまいます。

必要なところはしっかりと費用と時間と手間をかけて工夫し、車中泊を楽しみましょう!

CX-8の支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、CX-8が欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにCX-8は新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『CX-8の購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はXD L Packageを選びたい』
『360°ビュー・モニター、
Boseサウンドシステム、
他にもオプションをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

スポンサードリンク

 

こちらの記事も人気!-Recommend-