下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。

マツダCX-8のアクセサリーカタログ一覧からおすすめを紹介します。

CX-8には、外装、内装、操縦、アウトドアに至るまで、たくさんのアクセサリーがあります。

必須のナビ用SDカードとスマートインETC。マニュアルのような運転を楽しめるステアリングシフトスイッチ。ファミリーカーには必須のチャイルドシートに注目します。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】アクセサリーカタログ一覧

CX-8には純正だけでも100種類近いアクセサリーがあります。まずは、ざっくりとご紹介していきます。しっかり見てしまうと疲れてしまうので、こういうのがあるんだというくらいに流して見てください。

エクステリア

ガーニッシュ(フロント、サイド、リア、ドアミラー)

8,532〜72,792円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

シグネチャーウィングイルミネーション、デイライトキット、LEDフォグランプ

28,512〜54,864円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

ウェルカムランプ、ライセンスプレートランプ、ウィンカーバルブ

4,968〜30,024円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

インテリア

アルミペダルセット、スカッフプレート、フロアマット

21,919〜54,648円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

フットランプ&イルミネーション、マップランプ、リアルームランプ、ラゲッジルームランプ

3,672〜41,904円

 

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

トランスポート

サイクルアタッチメント、スキー・スノーボードアタッチメント

16,740〜19,980円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

システムキャリアベース、トレーラーヒッチ

37,800〜127,871円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

アクティビティアイテム

リアシートモニター、ベッドクッション、サイドタープ

24,840〜98,517円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

ウインドシェード(フロント、サイド、リア)、赤外線カットフィルム

9,720〜43,076円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

プロテクション

カーゴボックス、ラゲッジネット、ラゲッジトレイ、ラゲッジエンドプレート、ラゲッジアンダートレイ、オールウェザーマット

6,480〜24,624円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

フューエルフィラーデカール、ブレーキキャリーバーペイント

1,944〜19,322円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

チャイルドシート&ペットアイテム

エアバギー、ペットキャリア、ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート

23,220〜69,660円

CX-8のアクセサリーカタログ

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

ナビゲーション

ナビゲーション用SDカード、スマートインETC

48,660〜58,783円

※写真はイメージです。CX-8のものではありません。
引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

ドライブレコーダー

デンソーテン、マツダ純正

32,184〜40,824円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

カーライフ

アッシュカップ、スノーブレード、高機能エアコンフィルター、PEWAGチェーン、保安用品セット、停止表示板、アドバンストキーケース

1,440〜51,428円

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

CX-8のアクセサリーは純正以外にもある?

マツダと同じ広島にあるカスタムパーツの専門店『サムライプロデュース』が、50種類程のアクセサリーを取り揃えています。

評価は購入者の口コミやレビューと私の主観を元にしていますので、参考程度にお願いします。

フロントバンパーガーニッシュ 鏡面仕上げ 2P

価格 5,382円

手軽さ 貼り付けタイプ

効果

バンパーガーニッシュをつけると、ぼやけた印象が無くなってシャープでキリッとした見た目に変わっています。人間でいえば、お化粧に近い効果ですね。お化粧のように毎日塗ることなく、両面テープで貼り付けるだけの簡単取り付けが魅力です。


ドアハンドルプロテクションカバー メッキ×シボ柄 4P

価格 6,552円

手軽さ 貼り付けタイプ

効果

CX-8を側面から見た時に、他の車と一味違う印象を与えることができます。車の乗り降りをする時に、ドアハンドルは必ず見たり、触ったりするものなので、効果は思う以上です。

CX-8の後部座席に誰かを乗せる時に、あっと思わせることができそうです。こちらも、装着は両面テープで貼り付けるだけです。


フロントモール ガーニッシュ 鏡面仕上げ 6P

価格 6,552円

手軽さ 貼り付けタイプ

効果

CX-8の細長なライトと同じ角度に揃えられていて、ライトのかっこよさ、足回りをドレスアップしてくれます。
オシャレは足元からとよくいいますが、足回りが鏡面仕上げで輝いているだけで、車がしっかりと磨き上げられているなという印象をもつことができます。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】必須アクセサリーのナビ用SDカードとETC

CX-8のナビは、このナビ用SDカードをオプションでつけることで使うことができます。マツコネのモニターがあるだけではナビは使うことができないので注意が必要です

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/connect/

ナビ用SDカードのオプション価格は48,600円です。この価格でナビを付けることができるのはとてもお得です。

日産ベーシックナビ:144,800円
スバル純正ナビ(カロッツェリア):160,920円
トヨタ純正ナビ:245,700円

比べると、CX-8の純正ナビの安さがわかります。マツコネモニターが7インチであることが不評ですが、実用性を考えると十分です。マツコネは全てのマツダ車に装備されているため、マツダ車からCX-8に乗り換えた人は馴染みのある操作性に満足しています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/connect/

また、ダイヤル操作はタッチパネルよりも手を動かす範囲が小さくてすむため、運転席から少し離れたところにあるディスプレイ画面で操作するには便利です。

CX-8に純正でないナビを付ける

どうしてもマツダコネクトの画面サイズに不満な方には、解決策が2つあります。

  • 社外のナビを使う
  • 年次改良によるナビ画面サイズ拡大を待つ

社外ナビ
アルパイン社製CX-8専用11型 フローティングビッグX 11(XF11Z-CX8):274,905円

引用:https://www.alpine.co.jp/products/carnavigation/XF11Z-CX8

11インチの大画面は7インチのマツコネと比べると、かなり存在感があります。

ただ、純正以外のモニターを使うにはデメリットがあります。

  • Boseサウンドシステムに非対応
  • 安全性に関する警告や機能が正常に動作しなくなる可能性があること
  • 不具合が起きた時にメーカーの保証をうけることができないこと

CX-8だけでなくどのメーカーでも純正以外のモニターを使うとデメリットが大きいです。CX-8に関して言えば、純正のマツダコネクトをそのまま使うことをオススメします。

そこで気になるのが、商品改良(年次改良)による、モニター画面のサイズアップです。

2018年中にガソリン車の導入と合わせて、ナビ画面も改良があるのではないかと言われています。ただ、マツダからのCX-8の年次改良の公式発表はまだありません。

マツダコネクトの操作性、実用性は十分

繰り返しになりますが、マツコネの画面の大きさは実用性で困ることはありません。また、私はアウトドアや旅行に関しては、ナビだけに頼ることに疑問があります。

例え知らない道でも、助手席に座る人のナビで運転をするのもいいのではと思います。私が小さいころ出かけた場所でも、スムーズに目的地までたどり着いたところよりも、迷いに迷ってたどり着いた場所の方が思い出に残ったりしてます。

車もスマホも、世の中のいろいろなものが安全で便利になっていくことはとてもいいことです。

ただ、マツダが掲げる『人間中心の設計思想』にもあるように、CX-8に乗る人が、車内でコミュニケーションがとれてこそ、多人数乗りができるSUVにする意味があるのではと思います

スマートインETC

マツダ車ではETCを運転席のサンバイザーの裏側に設置します。天井を少しくり抜いて設置することになりますが、普段はサンバイザーが覆っているので気になりません。

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

サンバイザーを下げた時、ETCが露出することになります。口コミでも、この露出することが気になるという意見がありましたので、内装を完璧に仕上げたい人は純正以外のETCをグローブボックスにつけるなどの方法があります。

セカンドカーでもETCカードを使うために、頻繁に抜き差しするなら、サンバイザーの裏にETCカードがあるのはとても便利です。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】おすすめアクセサリーのステアリングシフトスイッチ

マツダの『走る歓び』に共感するかねてからのファンが多くいます。そういったファンはマニュアルトランスミッション(MT)車に好んで乗ります。

今のオートマチックミッション(AT)車には、CVTのような変速比(ギア)が無段階の連続したトランスミッションを持っています。加速が非常にスムーズなのですが、運転する楽しさは減っているように思います。

時代の移り変わり、技術の進歩により、楽しみ方も変化しているとも言えますが、かつての車好きにとっては寂しい状況かもしれません。

CX-8にMT車がない理由とは

CX-8にはMT仕様はありません。それはマツダの経営戦略が影響しています。

マツダは、これまでミニバンユーザーのニーズに応えていたビアンテ、プレマシーの生産を停止しています。そのユーザー層をCX-8が請け負いファンを増やすという目論見ですが、これには他にも理由があります。

マツダはスズキやスバルと同じく、今勢いのあるメーカーです。しかし、トヨタやホンダに比べると、つい最近まで世界シェア率2%のニッチなメーカーです。

そんなマツダがたくさんの車種を大量に生産するには、生産コスト、輸送コストの面で得策とは言えません。そこで、マツダがとった戦略が少数精鋭。質の高い車種に絞ることで、生産だけでなく改良をしやすくすることで、安全性やユーティリティの面の改良を全ての車種に取り入れやすくすることに成功しています。

そういった背景により、需要のない仕様は初めから用意しません。海外ではMT車の需要はあるものの、国内ではATのシェア率が9割を超えます。昔はMT車のイメージが強かった交通バスでさえATが増えています。

生産しても需要のないMT車を用意するには、メリットが薄い。そういった理由でCX-8もAT車限定になっています。

それでも走りをあきらめたくないあなたに

あなたがもし、家族を持ち、これまでミニバンに乗っていながらCX-8の購入を考えているのなら、『走りをあきらめたくない』という思いがあるはずです。

そこでおすすめしたいのがステアリングのシフトスイッチです。

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

AT車でもMT車と同じようなシフトチェンジができるようになります。ハンドルの後ろにシフトスイッチがあるので、最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れれば自由にシフトを変えて運転することができます。

CX-8はディーゼルが持つ低回転高トルクによる加速性能を意のままに操ることができます。また、緩い下り坂でエンジンブレーキを意図的に使いたい時にも便利です。

【マツダ・CX-8】ファミリーに必須のアクセサリー、チャイルドシート

CX-8にはベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートのいずれも乗せることができます。

ベビーシートは体重13kgまで、チャイルドシートは体重9〜18kg、ジュニアシートは15〜36kgに対応しています。年齢でいうと10〜11歳まで使うことができます。

ベビーシートを使う場合、2列目の運転席側に乗せることが多いと思います。その場合、2列目がベンチシートの7人乗りの方がオムツを変える時などにも便利ですよね。

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

ベビーシート用の装着アダプターがあれば、ベビーカーにもそのまま載せることができるので、車の乗り降りの負担も軽減できます。CX-8にはスライドドアがないため、小さな子供がいるのであれば、乗り降りを補助するアクセサリーは必需品です。

CX-8のISOFIXコネクタは2列目シートにあります。キャプテンシート、ベンチシート、どちらも2つです。

引用:http://www2.mazda.co.jp/accessories/web_cat/cx-8/

ISOFIXとは?
シートベルトを使わずに簡単にチャイルドシートを接続することができます。2012年7月以降に発売された全車種に導入されています。

CX-8にシートベルトで固定するチャイルドシートは6人乗りなら最大で4つ、7人乗りなら5つまで取り付けることができます。子供の人数や年齢によって座席配置も変わってきます。

さすがに、3つ以上同時に取り付けることは少ないとは思いますが、CX-8の室内空間の広さがあれば、さまざまなシチュエーションに対応できるはずです。

ナビ用SDカード、シフトスイッチ、チャイルドシートは、合計すると30万円くらいになります。支払い総額が30万円増えると、3年ローンでは月々の支払いが8000円程高くなってしまいます。

車を買うときは、金額が大きくなるため、ついつい忘れがちですが、月々の支払いに換算すると急に現実味が湧きますよね。

こちらの記事もおすすめ。

CX-8の月々のローンの支払いを8,333円安くする方法とは?

【マツダ・CX-8】電源ソケットとUSB接続端子はどこにある?

CX-8でアクセサリーを追加したり、携帯を充電するとき、電源ソケットの場所や、USB接続端子の場所を知っておかなければなりません。

CX-8の電源ソケットの場所を知る

CX-8には、フロントとリアの2箇所に電源ソケットが用意されています。電源ポジションがACCまたはONのとき、電気製品の電源として使用することができ、最大消費電力120W (DC12V―10A) 以下の電気製品を繋ぐことができます。

引用:http://www2.mazda.co.jp/carlife/owner/manual/cx-8/kg/ekse/contents/04040600.html

ちなみに、シガーソケットという言葉を聞くことがあると思いますが、基本的には同じです。
昔は、シガーライターを取り付けるためのものだったため、シガーソケットと呼ばれていましたが、今ではソケットだけの車種が増えてきたため、シガーソケットと呼ぶことは減っているようです。

電源ソケットからコンセントを使えるように変換してくれるカー用品もあるので、CX-8のようにキャンプに乗って行くことも想定している車にとって、車の外で電源が欲しいという場面で助かります。

CX-8のUSB接続端子

CX-8にはUSB接続端子が予め用意されています。全グレード共通で、フロントコンソールボックス内に2つ用意されているため、携帯の充電などに便利です。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

またセカンドシートにも、6人乗りと7人乗りで場所は違いますが、USB接続端子が2つあります。。6人乗りの場合はセカンドシートのセンターコンソールボックスの中に2つUSB接続端子があります。

7人乗りのベンチシートの場合、中央のアームレストを引き出しカバーを開けるとUSB接続端子が2つ出てきます。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

CX-8のアクセサリーについて、紹介してきましたが、欲しいアクセサリーはありましたか?

CX-8は、無駄を削ぎ落とし、洗練されたデザインになっています。純正アクセサリーでアクセントをつけるだけで、上品にオシャレを楽しむことができそうです。

自分がどんな車にしたいのか、イメージしながら、アクセサリー選びを楽しんでください。

CX-8の支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、CX-8が欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにCX-8は新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『CX-8の購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はXD L Packageを選びたい』
『360°ビュー・モニター、
Boseサウンドシステム、
他にもオプションをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

スポンサードリンク
こちらの記事も人気!-Recommend-