下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。
 
一括査定サイトを使うことで、
最大10社の大手買取業者が、
買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
あなたの愛車を、安い価格で
下取りに出すのはもったいないですよ。
 

マツダCX-8のオプションカタログからおすすめを紹介!

CX-8には安全、オーディオ、ナビ、タイヤに至るまで、たくさんのオプションがあります。

CMで印象的だったトレーラーヒッチ。CX-8の開発段階から共同で作りあげたBOSEサウンドシステム。車体の大きいCX-8には必須の360°ビューモニターに注目します。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】オプションカタログ一覧

CX-8のオプションカタログの一覧を確認です。名前だけではわかりづらいものは、さらっと読み流してください

セーフティ

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]
  • ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー

視界

  • フォグランプ(フロント)
  • リアドアウインドーサンシェード

エクステリア

  • パワーリフトゲート
  • ルーフレール

インテリア

  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • ステアリング・シフトスイッチ
  • オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト

オーディオ、ナビ

  • CD / DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  • Boseサウンドシステム
  • ナビゲーション用SDカードPLUS

タイヤ、ホイール、その他

  • 225/55R19 99Vタイヤ&19×7Jインチアルミホイール
  • アドバンストキーレスエントリーシステム

これらが、CX-8のオプションで選べます。グレードによっては標準装備のものもあります。さらに、CMで話題のトレーラーヒッチや、室内のイルミネーションランプなども、メーカー純正でつけることができます。

オプションとして必須の360°アラウンドビューモニター。おすすめのBOSEサウンドシステム。気になるトレーラーヒッチについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】必須オプションの360°ビュー・モニター

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター / コーナー)は、XD PROACTIVEとXD L Packageに付けることができます。

※11月29日発売の新型ではベースグレードでもオプションで選択できるようになります。

CX-8のように、車体の大きな車はどうしても死角が多くなります。車の周囲の状況をモニターで確認できるようにしておくことは必須です。

CX-8はミニバンユーザーの受け皿としての需要もあるため、小さい子供がいる家庭でもファミリーカーとして乗ることがあります。車庫から車を出す時に事故を起こしてしまわないために、車の周囲を確認できるようにしておかなければなりません。

マツダは「死角にいる子どもを守る、人間中心の設計思想に基づいた360°ビュー・モニター」第12回キッズデザイン賞を受賞しています。

キッズデザイン賞とは
「子どもたちが安全に暮らす」
「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」
「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・空間・サービス・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に創設された顕彰制度です。

360°ビューモニターの特徴を知る

360°ビューモニターは、名前に360°がついているだけあって、周囲の死角を完全になくすことができます。

画面表示には4つのパターンがあります。前方、後方、両サイド、そして車を上から見た視点から選択して表示することができます。


※2つの表示方式を合成したものです。
引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/safety/i-activsense1/

ディスプレイやミラーに映る映像を見るのと直接目視した景色とでは違和感を感じてしまいますよね。その理由は、実際の視野とモニターサイズの縮尺の違い、距離感が影響しているためです。

マツダは”人間中心の設計思想”を元に、違和感を最小限に抑えるように設計しています。そのため、モニター映像を実際の景色として違和感なく見ることができます。

360°ビューモニターの使い所を知る

360°ビューモニターの使い所は駐車場だけではありません。

ケース1:狭い路地から大きな優先道路に出る時

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/safety/i-activsense1/

左右の道を目視で確認するためにはフロント部分を前に出す必要があります。こんな時、フロントビューを使えば車体の前方に着けれれたカメラが運転手に変わって先に優先道路の状況を25mも先まで映し出してくれます。

ケース2:狭い道ですれ違う時

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/safety/i-activsense1/

ドアミラーを収めないと離合できない程の狭い道では、左側の状況を感覚に頼らざるを得ません。そんな時、サイドビューを使えば、左右同時に自然な映像をモニターで確認することができます。

ケース3:後ろ向きで出庫する時

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/safety/i-activsense1/

前向き駐車をしていされている駐車場では、出庫する時に死角に注意する必要があります。こんな時も、後方についたビューセンサーの映像で左右の状況を25m先までモニターに映してくれます。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-8】おすすめオプションのBoseサウンドシステム

Boseサウンドシステムのオプションは、XD PROACTIVEとXD L Packageに75,000円で付けることができます。

その効果は車内のどこで聞いても数メートル先にあるステージから聞こえてくるような、臨場感に満ちたサウンドを体験することができます。

開発段階からBoseと協力して、車内の限られた空間に10個ものスピーカーを効果的に配置し、Centerpoint®2機能を搭載したことで、まるでコンサートホールでオーケストラを聞いているかのようなサウンドを実現しています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

車内で音楽を聴く時、どうしても気になるのが走行ノイズによる音質の低下です。ノイズがひどくなると必要以上に音量を大きくしてしまいます。

Boseサウンドシステムには、AUDIOPILOTTM2という走行ノイズを抑制する機能があります。この機能に加えてCX-8の静寂性が、よりクリアでノイズのないサウンドを実現します。

Boseサウンドシステムは、音質に関して言えば全く申し分ありません。ただ、オプションをつける上で気をつけることがいくつかあります。

深底サブトランクにウーファーが設置されるため、ラゲッジスペースが狭くなる

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/

Boseサウンドシステムをつけた場合、3列目シートを倒さない状態で222Lの荷室容量があります。3列目シートを倒せば555Lです。この容量が必要十分であるか確認しておきましょう。

マツコネの制御機能と操作性がBoseサウンドシステムに対応できるか


どんなに音質がよくても、コントロールシステムが備わっていないと宝の持ち腐れです。マツコネのダイヤル式操作性は高評価ですが、Boseサウンドシステムの機能を十分に制御できるかは疑問です。

ディーラーの営業担当者に確認してからオプションをつけるようにしましょう。

子育て世代に高音質の必要性があるかどうか
どんなに静寂性の高いCX-8も車内で騒ぎ立てたら意味がありません。平日の通勤で使うなど、高音質を楽しむ場面があるかどうかは当たり前ではありますが、とても重要です。

【マツダ・CX-8】気になるオプションのトレーラーヒッチ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/?link_id=sbnv

日本ではあまり馴染みのないトレーラーヒッチですが、CMで見てもインパクトがあります。SKYACTIV-Dを積んだCX-8が大きなボートを牽引する姿は、ディーゼルエンジンの真骨頂を映し出しています。

トレーラーヒッチとは
牽引する車両とトレーラーを締結させるための装置です。127,871円で付けることができます。
トレーラーヒッチを使うためにはリアバンパーの加工が必要です。最大牽引荷重は積載物を含み750kgであるため、牽引免許は必要ないですが、車検証の記載内容の変更手続きをしなくてはいけません。

その他の注意点

  • デイライトキット、リアアンダーガーニッシュと同時装着はできません。
  • トレーラーは別売りです。マツダ純正のオプションはありません。
  • トレーラーのブレーキの有無に関わらず、許容牽引荷重は750kgです。

トレーラーヒッチには、マツダの”さまざまなカーライフを提案し、ライフスタイルの幅を広げることの一助になりたいという思い”が込められています。

バス釣りやマリンスポーツをすでに楽しんでいる人、これから挑戦しようと考えている人にとっても、魅力的なオプションです。

オプションとは文字どおり選択です。車のオプションを選ぶことで、ライフスタイルも選択することができるのがマツダの強みですよね。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/?link_id=sbnv

 

CX-8のボディカラーは決まりましたか?

CX-8の人気色と色選びのポイントについてはこちら

CX-8の支払い総額が、さらに50万円安くなる裏技とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
など、CX-8が欲しいけど、
悩みは尽きないですよね・・
 
一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません
 
さらにCX-8は新型が発売されたばかり。
より一層値引きは難しくなりそうです。
 
『CX-8の購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいるあなたに、
おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円
売却できることが多々あります。
 
最大10社の買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。
 
一括査定サイトを使って、
車を50万円高く売ることができれば、
実質支払い総額が50万円安くなったのと
同じでことです。
 
『本当はXD L Packageを選びたい』
『360°ビュー・モニター、
Boseサウンドシステム、
他にもオプションをたくさんつけたい。』
 
一括査定を使って
車を高く売ることができれば、
叶えることができます。
 
愛車を下取りに出すと、
大損しますよ!
 

スポンサードリンク
こちらの記事も人気!-Recommend-